メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

HEAL EARTH 株式会社 ヒールアース

株式会社 ヒールアース

〒617-0823

京都府長岡京市長岡
2丁目2番10号

TEL:075-959-3232
FAX:075-959-3233

facebook リンクバナー
facebook リンクバナー

TEL.0771-21-2115

メールでのお問い合わせはこちら

高気密・高断熱・高耐震 Spec

京都の風土 写真 京都の風土 写真

京都の風土に合った
高気密・高断熱・高耐震

一年中快適に気持ちよく暮らしたいから、
性能にもこだわります。

京都の風土 イメージイラスト

Spec01

「高気密・高断熱」
-燃費の良いスマートな家-

ヒールアースで建てる京都の家は、
長期優良住宅の基準を上回る快適性と省エネ性を持つ。

高気密・高断熱

夏は蒸し暑く、冬は底冷えの寒さがある京都。快適な暮らしをするためには、「どのお部屋も快適な温度で保たれること」が必要です。
ヒールアースでは、暮らすご家族の事を一番に想い、夏は涼しく、冬は暖かく。
冷暖房機器の電気代を抑えながら快適な暮らしができる住まいづくりを行っています。

POINT.01

長期優良住宅の基準と、ヒールアースの家の数値比較

いずれも、小さくなるほど優れています。

UA値 (熱の逃げにくさ)
長期優良住宅基準 0.87
ヒールアースの家 0.5

※サンプルとなる建築物での実測値

高気密住宅とは?
  • 住宅のすき間を減らすことで熱損失が少なくなり
    冷暖房効率が向上し、エネルギー消費を低減できます。
  • 新鮮な空気を家全体に届けることができます。
  • 結露を解消するなど、
    生活環境の快適性と耐久性を高めた住宅です。
高気密性能は「C値」で
確認することが出来ます。
  • 「C値」(隙間相当面積)は気密性能を表す値で、ゼロに近いほどすき間が少なく気密性能が高いと言えます。
  • C値は1.0以下が必須、0.5以下が望ましいと言われています。
ヒールアースは全棟C値を計算します。イメージ写真

ヒールアースは
全棟C値を計算します。

ヒールアースは全棟C値を計算します。イメージ写真

C値はUA値の裏付けになります。
隙間のないしっかりした家かどうかの判定基準になります。

気密測定の資格 写真

ヒールアースは気密測定の資格をもっています。
平成28年11月30日付登録は1554社

POINT.02

高気密・高断熱の秘密

R+パネル
R+パネル
R+パネル

断熱性能の高い「硬質ウレタンフォーム」と「OSB合板」を組合わせてパネル状にしたものです。
硬質ウレタンフォームは、同じ厚みのグラスウールを大幅に上回る秀でた断熱性能を持ちます。 OSB合板は、強度・断熱性・気密性・防虫性に優れた優れもの。
この2つを組み合わせたR+パネルで、住まいの構造躯体を守ります。

24時間換気システム
24時間換気システム
24時間換気システム

計画的な換気を行い、家中の湿度を一定に保ちます。
湿気の多い夏も、乾燥しがちな冬も快適に暮らす空間が生まれます。

断熱素材「アイシネン」
を取り入れます。
断熱素材「アイシネン」を取り入れます。
断熱素材「アイシネン」
を取り入れます。

一般的なウレタンと比べ柔軟性や形状安定性に優れており、地震で躯体が動いても剥離や脱落しません。くわしくは、こちらもご覧ください。

断熱 アイシネンについて 断熱 アイシネンについて

高気密・高断熱の家で、年中快適な暮らしを。
少しの熱量で快適な空間をつくる、エコな住まい。

年中快適な暮らし 年中快適な暮らし

Spec02

「高耐震」
-地震に強い家族を守る家-

いざという時の「安心」を。
地震などの揺れから守る「基礎」、建物を面で支える
「工法」で強い家をご提供いたします。

高耐震 イメージ写真

せっかく、オシャレでかっこいい住宅をつくっても家族を守れる安全な家でなければ意味がありません。
天災のある日本の住宅は、いつ起こるか分からない災害から家族を守ってくれる大切な存在であり、特に地震大国として「耐震性」が必要不可欠です。

POINT

耐震住宅をつくる秘密

耐震性をつくるためには、建てものが建つ土台となる地盤が重要です。
いくら良い工法、良い構造をいれたとしても、建つ地盤が弱くてはあっといまに倒れてしまいます。予定地の地盤調査を必ず行い、少しでも弱い場合は地盤改良し末永く安心して暮らせる家が建つようにいたします。

R+パネル
R+パネル
R+パネル

オリジナルのR+パネルにより、建物を面で支えます。
地震や大型の暴風などによる揺れを分散するので横からの強い力にも耐えられます。

建築士の厳密なチェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。

  • 建物への荷重
    建物への荷重

    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

  • 風圧力
    風圧力

    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。

  • 地震力
    地震力

    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。

  • 接合部の確認
    接合部の確認

    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

  • 基礎の設計
    基礎の設計

    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。

  • 偏心率
    偏心率

    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

※R+House公式サイトより

Spec03

「+制震で生活に安心を!」

耐震は当たり前の時代です。
+制震で生活に安心を!!

+制震で生活に安心を! イメージ写真

制震テープは、厚さ1mmの粘弾性体テープです。
高層ビル用の制震装置に用いられる粘弾性体を住宅用として両面テープ状に加工したものです。

制震テープは、高い耐久性を備え、軸材(柱・粱)と面材(構造用合板・石膏ボードなど)を通常の粘着テープの2倍以上の粘着力で、強力に粘着させることが出来ます。

粘弾性体だけでは制震装置にはなりません。制震テープ、軸材と面材の3つが揃って、はじめて制震装置となるのです。

「超制震住宅」とは、家全体が「まるごと制震装置」となる住宅のことです。

制震テープ イラスト
ヒールアースの家づくり イメージ写真

ずっと安心して、ずっと快適に暮らそう。
それが、京都でカッコイイ家を建てる
ヒールアースの家づくり。

ヒールアースで家づくり、
始めてみませんか。

Let's start building houses with us!

CONSULTATION 家づくり勉強会& 家づくり無料相談会、開催中!

家づくり勉強会では、性能を下げずに価格を下げる方法や、お得な土地の見つけ方、さらには大手住宅メーカーよりお値打ちに建てられる理由など・・・。 とても興味深い内容の勉強会になっています。

家づくり無料相談会は、基本的に何でもご相談ください。例えば、住宅ローンについて、予算について、間取りについて、土地についてなど・・・。まずはどんな些細なことでも、親身になってお応えします。

TEL.0771-21-2115 TEL.0771-21-2115

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2丁目2番10号

メールでのお問い合わせはこちら

スタッフ イメージ写真
スタッフ イメージ写真

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 株式会社ヒールアース . All Rights Reserved. Created by Co., Ltd .